トゥーン

 

Toon シェーダは、Contour Filter と組み合わせて提供される、フォト リアリスティックではないレンダリング(NPR)ソリューションの一部です。

Toon シェーダを使用するときには、現在いくつかの制限があります。 次のとおりです。  

  • ボリューム、モーション ブラー、DOF、VR カメラは現在のところ、Toon シェーダとは併用できません。
  • トゥーン エッジは、ピクセルの強度が 1.0 より大きくなるとギザギザになる場合があります(たとえば、誤ってバックグラウンド シェーダに Skydome カメラ可視性を結合する場合など)。 これはカメラ(AA)サンプルのクランピングによって修正できます。


以下の図とテキストは、Toon シェーダを構成しているシェーディング コンポーネントについて説明しています。 Base Tonemap の外観(ランプを使用)は、Skydome ライト(ソフト グラデーション)を使用した場合には、たとえばディレクショナル ライト(ハード グラデーション)の外観と比較して、かなり異なっていることに注意してください。 Base Tonemap ランプのライティングの効果を表示するには、以下のイメージの上にマウスカーソルを移動します。

Skydome ライト。 ロールオーバーした後のイメージでは、ディレクショナル ライトの場合を確認できます。

1. エッジ(Contour Filter が必要)

Toon シェーダは、Line Color および Width Control をサポートします。 これら両方は、線が入り組んでしまうことを防いだり、線のストローク スタイルを変更したりするのに役立ちます。 Edge Detection は、ID、マスク カラー、およびテクスチャ UV の不連続性を使用します。 トゥーン エッジを表示するには、Filter Type (サンプリング設定)を Contour に変更します。 Contour Filter Width (サンプリング設定)値を増やすと、レンダリング時間も増えることに注意してください。

2. 定型ハイライト

ハイライトを作成するために使用できる任意のテクスチャ。 これには、Smooth Tangent フィールドが必要です。 ライトは、定型ハイライト用に指定する必要があります。

3. 鏡面反射光/ベース トーン マッピング

Toon シェーダは、Base および Specular の両方のランプ ノードによりセル シェーディングを使用します。 ランプ シェーダを Tonemap アトリビュートに接続することを推奨しますが、どのシェーダでも接続できます。

4. リム ライティング

リム ライティング効果を作成するには、ここにランプを接続します。 ライトを指定して、リム ライティング効果を作成できます。

 

Toon シェーダの可視性

Toon シェーダは、Specular 反射(最大 3 バウンス)、Transmission で表示され、さらに Displacement (次の耳の画像では Geometric Normal、Angle Threshold: 3 を使用しています)で機能します。

 
ピクセル アート スタイル

ピクセル アート スタイルは、負のカメラ(AA)サンプル数と Toon シェーダを使用して実装できます。

Base および Specular Tonemap を指定した Toon (ディレクショナル ライト)

トゥーン チュートリアルは、ここにあります。

トゥーンのサンプル シーン ファイルは、学習用シーン ページからダウンロードできます。

 

数多くのコントロールがあるため、Toon シェーダは複数のグループに分割されています。 各グループの個々の設定については、以下のページで詳細に説明されています。 

 

 

 

 

 

Pepe モデルの出典: Daniel M. Lara (Pepeland) Mery モデルの出典: Jose Manuel Garcia、www.meryproject.com

  • No labels